大人げない大人…悪くないですね…フフ…【本】『大人げない大人になれ!』成毛眞 - そろそろ本気になって勉強してみようか。

大人げない大人…悪くないですね…フフ…【本】『大人げない大人になれ!』成毛眞

大人げない大人になれ!
成毛 眞
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 127


本日も、Joyのブログ、"そろそろ本気になって勉強してみようか。"をご覧頂きありがとうございます!

今日の1冊は元マイクロソフト日本法人代表取締役の成毛眞さんの『大人げない大人になれ!』です。

(今日のタイトルも"ホッテントリメーカー"で作成しました。)

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
banner_04.gif←応援クリックよろしくお願いします!

 
 
【目次】
chapter 1 大人げなさが求められる時代がきた
chapter 2 大人げないとはどういうことか
chapter 3 やりたいようにやればいい
chapter 4 大人げなく楽しく生きる方法実践編
chapter 5 大人げなさを取り戻すための本棚

とんでもない読書家で知られる成毛さんが、ファインマン、孫正義、ホリエモン、ビル・ゲイツ、稲川幸則、そして著者の成毛さん等々、大人げない大人の魅力を豊富なエピソードを交えて紹介し、なぜ"大人げなさ"が必要なのかを論じています。

Amazonの創業者ジェフ・ベゾスは、後に会社が大きくなったときに、「アマゾンも始まりはガレージだったんだ」と言いたいがためだけに、ガレージを出発点に選んだとか。
なんとも痛快です。

成毛さんが、FFオンラインにハマって会社に行かなくなってしまった箇所を読んだときは、イスから転げ落ちそうになりました(笑)
2年間で6000時間もプレイしたそうです。

巻末の推薦図書として『ご冗談でしょう、ファインマンさん』が掲げられていますが、成毛さんの現在の姿勢に大きな影響を与えた1冊だそうです。
以前、山形浩生さんが奨めていたのをみて購入したはずなんですが、未読のまま埋もれてしまったので、発掘して読んでみたいと思います。

私自身も「死ぬまで子供じゃダメかしら」と思って生きているのですが、本書を読んでとっても感動しました。

くり返し読みたくなります。

オススメの1冊です。


【Joy's MEMO】

・私はちょっとした軍事オタクでもある。
 ライバル会社を敵国と考え徹底的に研究したり、将棋のように、相手側の重要な人材を何人も引き抜いたりしていった。

・若者がラーメン屋やブティックを一軒だけ経営し始めたところで、ベンチャーとは呼ばない。ベンチャービジネスとは、権力や権威に反抗し、他人が無視しているようなものに己の人生を賭けることである。

・相手を褒めて媚びるのではなく、相手に自分を褒めさせることを目指さなければならない。

・固定化した目標は、不確定要素にまったく対応できないのである。
 目標を設定するならば、変化に対応する中で、各人の創意工夫の果てにやっと達成されるようなものでなければならない。
 どうしても目標を立てたいのであれば、ほとんど実現不可能なくらいの大きな目標を持つべきだろう。

・本書のテーマである大人げなさは、私の欠点の一つであると思う。しかし、その悪いものとされる個性のおかげで、これまで自分らしく楽しくやってこられたのである。だからこそ個性という単なる言葉にはとらわれず、人にはあるがままの自分でいてほしいと願うのだ。もちろん、私のことも、大人げないの一言で済まされてしまっては困る。

・成功者の要素ばかり追いかける人の目の前には、次々と新たな要素が持ち込まれ、これらを手に入れようとする努力だけで一生が終わる。
 目的と手段を履き違えるとはこのことである。

・ビジネスの世界に身を投じるのであれば、どこで自分を活かすことができるのか、どういったところで最も面白く働けそうかを常に考えなければならない。そして、一度チャンスを見つけたら、思い切って飛びつくことが必要である。

・ビジネスの世界で新しいことをしたい、お金を稼ぎたいと考えるのであれば、1人だけ違うことを目指さなければならない。人と違う経験をし、人と違う考え方をする。

・時間があれば、そのときどきで思いついたことにしたがって熱中し、そのうちに飽きたり、他のことをしたくなってきたら我慢せずにすぐ次のことへ乗り換える。だから一点集中浮気型である。
 まずは目の前のことに一点集中である。

・個人でも会社でも、最も効果的なマーケティングの手法は、神話をつくることである。

・読書において重要なことは、本の内容を頭の中に入れることではない。大事なことは記憶することではなく、本を読むことで衝撃を受け、自分の内部に精神的な組み換えを発生させることだ。

大人げない大人になれ!
成毛 眞
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 127
おすすめ度の平均: 4.5
5 夢中になろう!
5 自己解放へと向かわせてくれる元気が出る本
5 変わりたいと思っている人にはいいかも
4 笑える自己啓発本
4 大人ぶってる自分が気楽になれます。


ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
リチャード P. ファインマン
岩波書店
売り上げランキング: 440
おすすめ度の平均: 5.0
4 ファインマンさん最高!
4 いたずら大好きの大人
5 面白いなー
5 センセったら、もう冗談ばっかり!
5 ファインマンが伝えたかったこと。

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)
キャリー・マリス
早川書房
売り上げランキング: 3223
おすすめ度の平均: 5.0
5 医学の進歩という公共事業
4 とても楽しく読める。PCRにも、この魅力的な著者にも楽しくついていける。訳もいい。
5 自由闊達さが伝わってくる
5 真摯なエキセントリック
5 まさに奇想天外、でも研究者の理想かも



banner_04.gif←ここまで読んだらクリックして頂けると喜びます!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←応援クリックいつも感謝です!励みになります。


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137332673 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Copyright © そろそろ本気になって勉強してみようか。 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。